グリーンサイエンス研究センターは福山大学にある教育・研究拠点で、“生物の多様性や生物が持つ多彩な機能を利用して、環境と健康の質の向上をめざす科学”をコンセプトにしています。
プロフィール

FUGSC

Author:FUGSC
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
年も改まった平成30年(2018年)の1月19日(金)の午後2時から6時まで、薬学部34号館34516講義室において
”福山大学グリーンサイエンス講演会2018”が開催されました。 
タイトルは『難治性疾患治療を目指した免疫研究の最前線』という題で、薬学部の今重之教授が世話人を務められました。

aIMG_5711.jpg

aIMG_5713.jpg


今回は東京から現役バリバリの若手研究者を2人お呼びするというちょっと贅沢なもので、
今先生と併せて最新の免疫学研究について話題提供頂きました。  
なおこの講演会は、平成30年度からグリーンサイエンス研究センターで始まる特別研究のキックオフを兼ねたものです。

aIMG_5717.jpg


最初の講演は今教授で、タイトルは『平成30年度グリーンサイエンス研究センター特別研究 
細胞接着分子を標的とした自己免疫疾患の新規治療法の確立』です。

aIMG_5719.jpg


次は、慶應義塾大学医学部講師の竹馬俊介先生のご講演で、タイトルは『T細胞性免疫の新しい制御機構』です。 
竹馬先生は、慶應に移られる前は京大医学部の本庶祐先生の研究室で助教をお勤めになり、
本庶先生から頂いたテーマがオプジーボの開発だったそうです。
「このテーマを頂いた時には身が引き締まった。」との事でした。

aIMG_5723.jpg

aIMG_5722.jpg


休憩をはさんで3番目の演者は東京医科歯科大学難治性疾患研究所助教の金山剛士先生で、
タイトルは『オステオポンチンによるミエロイド細胞とリンパ球系細胞のバランスの制御』でした。 
大変難しい内容で、金山先生のマニアックな性格が存分に伝わるご講演でした(変な紹介の仕方で申し訳ありません)。

aIMG_5724.jpg

aIMG_5725.jpg


お聞きしたら、竹馬先生と金山先生は、北海道大学時代の今先生の同期と後輩だそうで、
今先生の若い頃の写真もスライドで紹介されていました。 先輩がエライと後輩もエライのです。

aIMG_5729.jpg


最後に薬学部の赤崎教授が質問とクロージングの挨拶をされ、長いながらも充実した講演会が終了しました。 
正直私は免疫学が苦手なので、この講演会でよく勉強させて頂きました。 
では今先生、この4月から始まる新しい研究プロジェクト、どうぞよろしくお願いします。



【以下、今教授がまとめられました講演要旨です】

発表内容

今重之博士: 平成30年度より開始されるグリーンサイエンス特別研究「細胞接着分子を標的とした
自己免疫疾患の新規治療法の確立」の現時点での実験結果を講演されました。細胞接着分子である
インテグリンからの信号は、自己免疫疾患の悪化に関与することが分かっておりますが、インテグリン
の機能阻害は副作用の懸念がありました。そこで、今博士は生体内に存在する物質の利用やインテ
グリン活性化に関与する物質など、これまでとは全くことなる手法にてインテグリン機能を抑える手法
を開発され、実際に小動物の自己免疫疾患に対して著効を示すことをご紹介されました。

竹馬俊介博士: 「T細胞性免疫の新しい制御機構」というタイトルでご講演されました。竹馬先生は、
これまでT細胞活性化抑制分子であるCTLA-4やPD-1の研究を長年続けられてきており、これら
分子の免疫抑制機構を明らかにしてきております。これら分子の機能抑制は、がんの新しい有効な
免疫療法という新規治療法につながりその臨床結果のご紹介をいただきました。さらに、T細胞に
おける遺伝子調節因子としてTRIM28を見出し、TRIM28を欠損させることで特定のサイトカインの
発現の亢進が起こったことから、この機能を利用することでがんワクチンへの応用が期待できることを
お話されました。

金山剛士博士: 「オステオポンチンによるミエロイド細胞とリンパ球系細胞のバランスの制御」という
タイトルでご講演されました。オステオポンチンという名前はご存じ無い方も多いと思いますが、先日、
TVでオステオポンチンが紹介されたことから、論文の検索回数が一時的に激増したということです。
TVの力はすごいです。金山博士は、細胞の間に存在する分泌型オステオポンチンがT細胞やB細胞
などのリンパ球系細胞に、細胞の中に存在するオステオポンチンが好中球などのミエロイド系細胞の
分化に重要であることをマウス骨髄移植の実験系にて明らかにしました。また、分泌型オステオポン
チンによるT細胞の増加は大腸炎を増悪化させることからオステオポンチンの免疫細胞の分化調節
機構が疾患増悪化に関与することをご紹介されました。



スポンサーサイト
2018/02/03 17:07 イベント TB(0) CM(0)
来年大阪で開催される第77回日本癌学会学術総会のポスターです。

大胆ですね。 驚きました。
大阪と言えば大阪城、空中庭園、そしてたこ焼き。 
そのたこ焼きが二重らせん(多分癌遺伝子)になっています。
『がんを”喰いもん”にしてるんか!』とかツッコミが入りそうです。

たこ焼きの方も二重らせんですからビックリでしょうね。
「なんで癌遺伝子やねん!」と、こちらもツッコミが入りそうです。

さすが大阪!


takoyakikehoasydowiei.jpg
2017/12/14 10:53 イベント TB(0) CM(0)
第40回グリーンサイエンスセミナーが、平成29年12月4日(月)の午後3時から、福山大学薬学部34号館にて開催されました。

当初は3階の学修支援室という40名ぐらいの部屋で行う予定でしたが、学生を中心に多くの聴衆が押しかけ、
急遽会場を2階の大きな教室に変更しました。 大して動員もかけていないのに多くの、しかも学生さんが集まったのは、
ポスターに掲げたシュノーケリングの写真">ポスターに掲げたシュノーケリングの写真のせいではないか?
との事でしたが、原因は不明です。

GS40sn.jpg

さて講演のタイトルは『生物活性物質のケミカルバイオロジー』で、北海道大学薬学部招聘教授の小林淳一先生が
登壇されました。 世話人は石津隆教授(薬学部)で、司会は元北海道大学薬学部准教授、現福山大学薬学部教授の
今重之先生です。

PC0405.jpg

PC040776.jpg

PC040778.jpg

PC040780.jpg

ご講演の要旨は、「これまで30数年にわたり、沖縄産の海洋生物(海綿、ホヤ、渦鞭毛藻など)、陸上の植物
(イチイ,ユズリハ、ヒカゲノカズラ、オトギリソウなど)、海洋微生物(海洋細菌、海洋由来真菌など)と陸上微生物
(放線菌など)から、1000を超える新規生物活性天然物質(アルカロイド、マクロライド、ポリケタイド、テルペノイド、など)を
単離、構造決定しており、これらの化合物の中には、新しい医薬品のリード化合物、あるいは生体機能解明のための
バイオプローブ(研究用試薬)として期待されるものが数多く含まれている。それらの中から代表的な研究例を紹介したい。」
です。

PC040783.jpg

PC040785.jpg

ご講演内容はとても興味深く、先生の三菱化成生命研時代からの研究の歴史と研究に対する想い、パッションなど、
情熱溢れる語り口で2時間以上の講演時間を感じさせないエネルギッシュなものでした。 内容についても書きたいのですが、
内容豊富でここではとても書ききれるものではありません。 先生は年間数十回以上のご講演をされるとのことで、
またどこかでお聞きになる機会が有れば、お聞きになる事をお勧めします。 「私は、命がけで研究やってるんだ! 
研究で戦友が亡くなった(事故死)。」なんて、普通の人にはとても言えるものではありません。

PC040789.jpg

ご講演のあとは、世話人の石津先生の計らいで、福山駅近くの居酒屋で打ち上げをやりました。 
こちらでは打って変わって穏やかな、和やかな表情の先生で、楽しく研究について語られていました。

PC040788.jpg

最後の写真は、かなり酔っ払った今教授が「ぜひ先生との2ーショットを撮って欲しい!」との事で撮りました。 
小林先生と今先生は北大の学生時代、同じ恵迪(けいてき)寮にいたということで意気投合されていました。 
今先生は学生時代に研究室を選ぶ際、沖縄に行けるからという理由で小林先生の研究室に行こうかどうしようか
迷ったということでした。 

今先生、「北大時代には近くにいましたが、小林先生がこんなに良い仕事をされているとはちっとも知りませんでした!」
と小林先生におっしゃっていました。 良く言えるなぁ!

ということで、皆様のおかげで栄えある第40回目のグリーンサイエンスセミナーが盛会に終わりました。 
次回は、今回司会をされた今教授による免疫関係のグリーンサイエンス講演会を、年初の平成30年1月19日に予定しています。 
追ってご案内します。
 

2017/12/05 15:06 イベント TB(0) CM(0)

知人が、アマゾン川でのフィッシングの釣果を送ってくれましたのでご紹介します。
一応教えてもらった魚の名前を記載しておきますが、これが正しいかどうかは判断できませんのでご了承下さい。


Cachorra

00cachorra.jpg



Pacu prateado

00Pacu prateado



Pescada amarela

00Pescada amarela



Piranha preta

00Piranha preta 3 kg



Pirarara

00pirarara.jpg



Surubin

00Surubin.jpg



Tambaqui

00Tambaqui.jpg



Traíra

00Traíra





2017/07/20 21:42 自然 TB(0) CM(0)

薬学部、岡村教授からの案内です。

参加費無料なので、ぜひ多くの方にお越しいただきたいとのことです。

面白そうですね。

0顕微鏡から見た筋肉の世界170726 (1)




2017/07/19 20:54 イベント TB(0) CM(0)

平成29年6月28日(水)の午後2時から4時半まで、2017年度福山大学研究成果発表会がエフピコリムで開催されました。

0P6280644.jpg


特別講演として、一般財団法人ひろぎん経済研究所理事・経済調査部長 岡崎 裕一様から「広島県の観光」と題してご講演頂き、
次に本学の研究担当学長補佐 仲嶋 一から「瀬戸内の里山・里海学~生態系、資源利用と経済循環そして文化~」と題して
福山大学のブランディング研究について紹介しました。

0P6280641.jpg


ひろぎん経済研究所の岡﨑様のご講演は瀬戸内地域の観光に関するとても詳細な内容で、大変参考になりました。 
私たちが見慣れているものがとても大きな観光資源になる、そういうお話しでした。

その後は会場を移し、研究成果発表のポスター発表会となりました。

0P6280647.jpg


グリーンサイエンス研究センターからは、
『瀬戸内海 しまなみ沿岸生態系に眠る多面的機能の解明と産業展開』という題で生物工学科の佐藤淳准教授が、
『コレステロール及び脂肪酸が細胞機能に及ぼす影響の検討』という題で薬学部の上敷領淳准教授が、
そして『バイオマスナノファイバーの医工学分野への応用』という題で、学振特別研究員(RPD)の新田祥子博士が
成果発表を行いました。

0P6280646.jpg


学外のお客さんがちょっと少なめでしたが、普段あまり話をしない学内の先生とお話しができて良かったです。

0img017.jpg




2017/06/28 20:37 イベント TB(0) CM(0)

平成29年6月13日(火)の午後5時から、福山大学薬学部34号館2階講義室1(34201)に於いて、第39回グリーンサイエンスセミナーを開催しました。

0P6130591.jpg


世話人は、薬学部の今重之教授です。

0P6130613.jpg


世話人の今先生が張り切って広い会場をご用意されましたので、お客さんに来てもらえるか心配でしたが、今先生のがんばりにより、
多くの方にお集まりいただけました。

0P6130595.jpg


ご講演の内容を簡単に紹介します(間違っていたらすみません!)

高度高齢化社会の到来にむけて、高齢者に多い疾患(認知症、メタボリックシンドローム、ロコモティブシンドロームなど)にいかに対処していくかが
喫緊の課題になっており、導入しやすくコストも抑えられる食品からのアプローチが注目されています。 その中で柴田先生が取り組まれたのが、
ローズマリーに含まれるカルノシン酸の健康におよぼす影響です。

0P6130593.jpg


カルノシン酸はマウスを使った実験で寿命を維持する効果があり、遺伝子発現解析などから関連する遺伝子の特定を行い、カルノシン酸には
神経細胞や肝臓などの保護効果があることを示唆されました。

0P6130606.jpg


また、サワラという木に含まれ、カルノシン酸によく似た構造を持つピシフェリン酸の血管やリンパ管再生抑制効果などを調べられ、
この物質が高齢者に多い変形性膝関節症の発症におよぼす影響について考察されました。

0P6130601.jpg


さらに、東広島にある酒類総合研究所との共同研究で、低容量のエタノール摂取が変形性膝関節症の発症を抑える効果があるかどうかについて
調べられていました。 データでは適量のアルコース摂取は変形性膝関節症の発症を抑えるとの事でしたが、正直実感はないですね。

0P6130608.jpg


栄養学科の菊田学科長の厳しい質問に苦笑いの柴田博士。

0P6130607.jpg


講演が終わってからも、薬学部の学生さんや松岡先生など多くの人が質問に押しかけ、とても盛況なグリーンサイエンスセミナーとなりました。

0P6130609.jpg

0P6130610.jpg

0P6130611.jpg


これまでグリーンサイエンスセミナーは外部の研究者にご講演をお願いしてきており、内部の先生にご講演いただいたのは久しぶりです。 
そういった意味でもとてもフレッシュで新鮮な(同じ意味ですね)セミナーとなり、「学生さんにも親しみを感じていただけたようで、
良い刺激になったでしょう。」との今先生の感想でした。 同感です。 
引き続き学内の先生にもグリーンサイエンスセミナーにご登壇頂きたいと思いますので、我こそはと思う方はどうぞ挙手をお願いします。

0P6130612.jpg


来聴者数 総計 62名 (記帳された方のみ)
       内訳 47名 (薬学部)
          14名 (生命工学部[生物工6名、生命栄養7名、海洋生物1名])
           1名 (共同利用センター)











2017/06/14 11:37 イベント TB(0) CM(0)
平成29年1月17日(火)の午後2時から4時まで、海洋生物科学科3階講義室(1631)において、第38回グリーンサイエンスセミナーを開催しました。

0IMG_4326.jpg

日 時: 2017年 1月 17日(火) 14:00~16:00
場 所: 福山大学16号館3階講義室(1631)
講演者: 源 利文(神戸大学大学院人間発展環境学研究科・特命助教)


0IMG_4322.jpg

世話人は、生物工学科の佐藤淳准教授です。


0IMG_4324.jpg

演台は、『環境DNAを用いた新たな水中生物相調査手法の発展』でした。


0IMG_4325.jpg

講師の源 利文先生は、水中の生物相を解明する画期的な技術である環境DNA技術に関して、近年、活発に研究をされており、日本の環境DNA研究を牽引する研究者の一人です。特に、水中の魚類相の網羅的解明や在来の絶滅危惧種や外来種の検出等で目覚ましい業績を上げております。たとえば、下流域の川の水をサンプリングするだけで、上流域のオオサンショウウオの在不在を知ることができるという手法は画期的で、幅広い生態学分野に応用可能な注目すべきものであります。また、興味深いことに水産資源量の推定にも環境DNA技術を応用できるということを明らかにしたことで注目を集めました。


0IMG_4331.jpg

Natureからの引用で、「地球の限界」を示す図です。 この中で、生物多様性の喪失が最もやばいことになっているということを示しています。


0IMG_4323.jpg

講演では、これら環境DNAに関する最新の研究成果について紹介していただきました。 上述の本学里山・里海プロジェクトの中で、里海の維持にとって重要な藻場生態系の生物間相互作用を明らかにするのに、環境DNA技術を応用することができるため、本学教員も本技術には大変な興味を持っております。 本講演は大変分かりやすく、生物の分野に関わらず多くの参加者にとって興味深い内容となりました。


0IMG_4329.jpg

当日は1631教室がいっぱいになるぐらい(少なくとも後ろの方は)の聴衆が集まり、主催者側の発表では参加者は約88名だったと記憶しています。 また環境調査関係の会社や自治体関係者、公的研究機関の研究者の方など外部からも多くの聴衆が来られ、まれにみる活発な質疑応答が延々と(というほどではないですが)続きました。 終了後も学生さんがやってきて質問するなど、聴衆の皆様は大変インスパイアされたのではないかと思います。


0DSCN4749.jpg

最後に福山駅前で先生の慰労会を行いました。 参加者の半分ぐらいは民間企業の方で、これも珍しいケースでした。
源先生、どうもありがとうございました。







2017/01/24 16:56 イベント TB(0) CM(0)
平成28年7月1日(金)の午後4時20分から、薬学部34号館4階34416総合演習室において、第37回グリーンサイエンスセミナーを開催しました。

00P7010284.jpg

演 題:  医薬ビッグデータと機械学習によるインシリコ創薬
演 者:  山西 芳裕(九州大学生体防御医学研究所・高等研究院・准教授))
日 時:  平成28年 7月 1日(金) 午後4時20分 ~ 午後5時50分
場 所:  福山大学薬学部34号館 4階 34416総合演習室
世話人:  岩本 博行(生物工学科) 上敷領 准(薬学部薬学科)

00P7010285.jpg

医薬ビッグデータ、機械学習、インシリコ創薬とかといわれると、専門外の方にはピンと来ないかもしれませんので簡単に解説させていただきます。 山西先生のご専門はバイオインフォマティクス(生物情報学)です。 現在医薬に関する膨大な情報が蓄えられており、その中に埋もれる有益な情報を探し出せれば医薬分野で有効に活用できると思われます。 山西先生は医薬ビッグデータから機械学習の手法を使って解析し、既存の薬や、製薬会社で開発途中で開発がストップした化合物を、本来の用途と異なる薬として利用できないか予測する手法を編み出されました。 

00P7010286.jpg

ご承知の様に新薬開発はその効果と安全性を調べるのに膨大な時間と労力、お金を必要として、新薬開発はますます困難になっています。 そこで既に使用履歴のある既存の薬を、医薬ビッグデータを解析して他の用途に使えないか予測すること(ドラッグリポジショニング)が重要になります、といった話だったと思います。

今回は薬学に特化した専門的な内容でしたので、主に薬学部の研究志向の若手教員が集まってこられました。 セミナー自体が1時間弱で終わったあと、活発な質問が出ました。 その後場所を福山駅近くのお店に移して、なかなかアカデミックなお話しができて良かったと思います。 お酒の上での話としてはとても真面目な話だったのは、講師の山西先生をはじめ、参加された薬学部の若手教員が、みなさんとてもまじめでアカデミックだったからだと思います。 

00P7010290.jpg

上の写真は食事が済んでお茶を飲んでいるところです。 みなさんお酒が入っているようには見えませんね。 これも機械学習アルゴリズムの成果です。

00P7010291.jpg




2016/07/02 14:20 イベント TB(0) CM(0)
平28 年6月21日(火) 午後1時から、福山大学20号館2階講義室(2021教室)で、第36回グリーンサイエンスセミナーが開催されました。 演者は東京大学大気海洋研究所の佐藤克文先生で、演題は『野生動物で地球環境を測る バイオロギングを用いた新たな環境モニタリング』でした。 世話人は海洋生物科学科の渡辺伸一先生です。

セミナーポスターはこちら

佐藤克文先生はバイオロギングの第一人者で、『情熱大陸』にも取り上げられました。

あいにくこの日は大雨警報が出たため午前中の授業が休講となり、学生さんの集まりが若干悪かったようです。 それでも渡辺先生によると聴講者は84名で、前回35回の山根一真さんの時よりも4人多いとのこと。 内訳は、学部生が64名、大学院生が2名、教員が10名、学外から8名だったそうです。

セミナーの様子は渡辺先生の海洋動物行動学研究室のFacebookページに紹介されていますので、そちらをご覧下さい。

13482821_1160048577392001_8220547210319896103_o.jpg


2016/06/23 19:17 イベント TB(0) CM(0)
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。