FC2ブログ
グリーンサイエンス研究センターは福山大学にある教育・研究拠点で、“生物の多様性や生物が持つ多彩な機能を利用して、環境と健康の質の向上をめざす科学”をコンセプトにしています。
プロフィール

FUGSC

Author:FUGSC
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
グリーンサイエンス研究センターなので、誠に手前味噌なのですが、最近進行中の福山大学のグリーン化についてご紹介します。

aaP3230380.jpg

まずこちらは、生命工学部と15号館(図書館・本部ほか)を結ぶ『桜のこみち』です。 桜の木の間を通るのでこの名前が付いたのですが、カラーは緑です。 看板のベースカラーはいいとして、桜の”ツ”の花びらの部分がピンクだったらアクセントになって良かったなと思います。


aaP3230381.jpg

『桜のこみち』は屋根が緑です。 ここがピンクだと大変な事になっていたでしょう。 個人的には、屋根はなくてもよかったかと... 桜を見上げられるので。


aaP3230383.jpg

上から見るとこんな感じです。 この緑の道を降りていくと、グリーンサイエンス研究センターに至ります。 よくできていると思いませんか?


aaP3230385.jpg

次は新しくお目見えした福山大学・福山平成大学のバスです。 これまで大学には長距離移動ができるバスが無かったので、スポーツクラブの遠征や全国大会の応援の時にはバスをチャーターしていました。 これからはこのバスが活躍することでしょう。


aaP3230386.jpg

運転席周辺はこんな感じです。 「特2」と書いてあるとおり、「特1」から「特3」までの3台あります。


aaP3230388.jpg

横から見るとこんな感じです。 福山大学の新しいスクールカラーである(黄)緑をベースにして、福山大学と福山平成大学の新しいロゴマークをあしらった若々しいデザインです。 福山大学のスクールカラーは、本来紫紺という紫がかった紺色だそうで、これまで何となくブルー系のイメージがありました。 それが現在は(黄)緑色をスクールカラーにしています。 つまり福山大学のグリーン化です。


aaP3230390.jpg

最後に、バス乗り場に新しく建設された待合所をご紹介します。 これまではバス乗り場が吹きさらしだったので、冬はバスを待つ間凍える寒さでした。 それがこの待合所で緩和されるのだと思います。 この待合所の上部は、なぜか緑色にペイントされています。


aaP3230391.jpg

表に回ってみると、『緑のこかげ』と書いてあります。 どこかで聞いた様な・・・ そうだ、『緑のこみち』だ! 『緑のこ』まで共通ですので、同じ人がネーミングしたのでしょう。 

次につけるとしたら... 緑のこずえ、緑のこのは、緑のことり、緑のこいぬ、緑のこねこ、緑のこぶた、緑のこども
この様にして、福山大学のグリーン化が着々と進行しているのです、と私には感じられます。


 




スポンサーサイト
2013/03/23 15:40 おしらせ TB(0) CM(0)
福山大学のホームページにある『福山大学工学部新棟建設工事ライブビュー』から、2,3,4号館の工事現場(現在は3号館の解体風景)がライブビューで見られます。 
http://www.fukuyama-u.ac.jp/livecam.html

先ほど見てみましたが、確かに見ることができました。 ただし、ライブビューをみるにはJAVAが必要です。 ご興味の方はご覧下さい。

ライブビューが見られない方のために、写真を掲載します。

aaIMG_4211.jpg


2,3日前の3号館はこんな感じでした。 手前側の壁や床が解体されています。


aaIMG_4216.jpg


巨大はハサミ?を持った工事車両で分解され、残渣のうち鉄筋などはより分けられています。 再利用するのでしょうか。


aaIMG_4212.jpg


”3”とナンバーリングした建物3階の角の部分です。 通りがかりの方(職員)が、「あの3だけでもはずして、とって置いてもらえないかな? 記念に。」と仰っていました。

一桁番台の建物のうち、1号館はずいぶん前に新1号館に生まれ変わり、この度2,3,4号館が解体されます。 このあたりの建物は、建ててから30年以上経っています。 


 


2012/11/17 15:45 おしらせ TB(0) CM(0)
センター玄関

福山大学グリーンサイエンス研究センターは、平成16年に文部科学省の研究プロジェクト『環境と健康の質の向上をめざすグリーンサイエンスの展開』(研究代表者:大川秀郎教授、5年間)の助成を得て福山大学に設置された全学共同利用施設です。 

本研究センターは大学および地域の拠点として、1)共同利用施設・設備の維持・運営、2)共同研究プロジェクトの推進、3)産学官連携の推進という3つの役割を担っています。

本センターのコンセプトは“生物の多様性と生物が持つ多彩な機能を利用して、地球の環境を改善し、健康の質の高める生態と環境にやさしい科学(グリーンサイエンス)”を実現することです。

...といった堅い話はさておき、グリーンサイエンスに関わるいろいろな話題を提供できたらと思っています。

☆上の写真は、センター玄関横のパネルと植物たち。 


 
2012/08/11 19:15 おしらせ TB(0) CM(0)
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。