FC2ブログ
グリーンサイエンス研究センターは福山大学にある教育・研究拠点で、“生物の多様性や生物が持つ多彩な機能を利用して、環境と健康の質の向上をめざす科学”をコンセプトにしています。
プロフィール

FUGSC

Author:FUGSC
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
一昨日、地元の理化機器屋さんに勤めていたIさん(現在も社員)がぶらりと訪ねてきました。

Iさんたちは、ラオスでサトウキビからラム酒を作る会社を立ち上げ、「アグリコール・ラム酒 LAODI」というのを作って販売しています。 その辺の詳しい経緯はLAODIのHPをご覧下さい。 前列でしゃがんでいるおじさんがIさんです。

では、なぜ日本のおじさんがラオスでラム酒作りか?

詳しいことは知りません。 モティべーションの1つは、日本を出て何か役に立つことをしてみたい、という男のロマンがあると思います。 ラオスは東南アジアでも決して豊かとは言えない国ですが、この国が好き、この国の自然が好き、この国の人が好き、というのがスタートラインにあると思います。

もう一つは収益でしょう。 おじさんたちはもともとそれぞれ会社の中心となって働いてきた人達で、収益度返しでは事業が続かないことは身にしみておられます。 とはいえ、はっきり言って多分持ち出しでしょう。 ではなぜやっているのか。

Iさんによると、儲からない商売でも、その土地でできる農作物を加工して付加価値を付ける事ができれば、雇用が生まれるなど地元経済に貢献できるという事です。 日本では僅かの金額でも、ラオスでは大きい。 そういったことを考えながら、知恵を絞っているとのことでした。

さて、今回来られたのはラム酒ではなく、別の高付加価値農産加工物に関するお話でした。 これが儲かるか? うーん、難しいかも。 チャレンジを続ける事に、意味がある。


aaDSC_0719.jpg


写真は、お土産にいただいたアグリコール・ラム酒で漬けた”スモモ酒”と”梅酒”です。 ラム酒に漬けているので度数が27°と23°もあります。 まだ味見はしていません。 お正月にでも・・・



   

スポンサーサイト
2012/12/28 16:47 グローバル TB(0) CM(0)
買い物好きで・・・

先日(スーパーではなく)八百屋さんの店先を覗いていると、
大きな石榴(ザクロ)が一箱入荷していました。

手にとって眺めていると、八百屋のオヤジ(というか、おじいさん)が寄ってきたので、

「石榴って、どんなのがおいしいんですか? おいしいのの見分け方ってありますか?」

ときいたところ、

「そりゃあ、食べてみんとわからんねえ。」 とのこと。 

あまりにストレートな回答に思わず笑ってしまい、1つ購入しました。
外見は静謐ですが、割るとさぞ賑やかなことでしょう。


aIMG_4439.jpg



2012/12/26 11:19 アグリ環境 TB(0) CM(0)
今年もいよいよ押し詰まり、クリスマスの季節となりました。

グリーンサイエンス研究センターでは、初めての試みとして玄関入り口にクリスマスツリーを立てました。 センター長の個人的な趣味です。

飾り付けは学生さんにお願いしました(全員男子学生)。 ライトは各色取りそろえている中で、ブルーにしたいとのことでしたので、以下の写真に様になりました。 ブルーの川の畔に、ツリーがたたずんでいるイメージです。 ブルーは心を落ち着かせ、犯罪発生率を低下させるそうです(学生さんの弁)。 

グリーンサイエンスセンターのブルークリスマス。 犯罪のない社会の実現に貢献してくれそうです。


aaIMG_4433.jpg


☆グリーンサイエンス研究センターは、12/22-24の3日間、終日断水します。 また12/22,23には、それぞれ2時間ほど停電する予定です。


2012/12/21 19:18 出来事 TB(0) CM(0)

下の記事、『ブラジルの選挙運動』の続きです。

週末に近くの公園に出かけた時のこと。 公園内を大音量で行進する黄色い集団、サンバチーム(サウンドマシンとダンシングチーム)を発見。 近くに行ってみると、選挙運動でした。 

aaDSC_0699.jpg


元気のいいお姉さんたちが、黄色いコスチュームに身を固めて黄色い旗を振っています。 先頭のお姉さんは踊りまくっています。 それにしてもすごい声です。 拡声器も使っていないのに、地響きがする様な歌声です。


aaDSC_0701.jpg


その後にはバッテリア(ドラム軍団)とブラス軍団が続きます。 こちらもエライ音量です。 ドラムまで黄色に塗られています。 

あちらを見ると、屋根に舞台を載せたバスの上で緑のお姉さんたちが踊りまくっています。 選挙運動と言っても言葉はいっさいなく、音楽だけなので候補者名の連呼などは全くありません。 所変われば選挙も変わる。



2012/12/18 19:35 グローバル TB(0) CM(0)
日本の国政選挙もあっという間に投票日を迎えました。

大学にこもっているせいか、今回の選挙では選挙カーや街頭演説をついに見かけなかった気がします。 通勤途中も普段とあまり変わった所はなく、選挙戦の最中だとの実感は湧きませんでした。 

では、ブラジルの選挙戦はどうか? 容易に想像できる通り、日本とはだいぶ違います。 はっきり言って、派手です。  

aaDSC_0429.jpg


町中、至る所に人が集まって旗を振っています。 詳細はよくわかりませんが、政党(候補?)毎にシンボルカラーと番号があるようです。 上の写真は労働党(ルラ前大統領の党)の旗で、赤色です。 こういう人達が一日中道ばたで旗を振っています。 1日あたりいくらと、賃金が出るそうです。


aaDSC_0058.jpg


こちらは選挙カーです。 車の上に大きなスピーカーが積まれており、ここから大音響の音楽が流れます。 こちらも1日いくらの歩合制でしょう。 ブラジル人は大音響の音楽が大好きで、結局選挙なのか何なのかわからないのでは? 

ちなみにこの小さなVWに、あれよあれよという間に大人が8人も吸い込まれていきました。 後ろで見ていてびっくりです。

ボンネットで目玉焼きが焼けるぐらいの炎天下、冷房のない小型車に大人8人が寿司詰め状態。 しかも屋根の大型スピーカーから大音量の音楽を流しながら、延々と走り続ける選挙カー。

やはりブラジルの選挙は、熱い。 




2012/12/17 20:31 グローバル TB(0) CM(0)
昨日(12/12)、本日(12/13)2日間のイベントを3つ紹介します。

昨日(12/12)は「福山大学FD研修会」という催しに参加しました。 

この会では、島根大学教育開発センター副センター長の森朋子先生が、『高大接続と初年次教育』という演題でご講演されました。 内容は、学習研究・学習科学について、認知科学や学習理論を背景に学習の仕組みを見つけ、科学的な理解に基づいた質の高い教育の実践をめざすというものです。 

要するに、学習支援を学問理論に基づき、科学的に取り扱うことによって、より効率的なものにしようというお話で、島根大学での取り組みが幅広く紹介されました。


次に、本日(12/13)は、学生さん向けの特別講座『軽率な行動が人生を狂わせる ~軽く考えていませんか~』に参加しました。 福山西警察署の生活安全課長さんがご講演されました。

下の写真はその様子です。 大学会館がぎっしり満員です。 福山大学にこんなにたくさんの学生がいるのかと少々驚きました。

aPC130221.jpg


内容は、法律とは何か、思いも寄らない犯罪事例の紹介、そして最後は男女間の関係から生じる犯罪事例、特に未成年とのおつきあいに関する例でした。 現在警察ではこの方面の犯罪行為には厳正に対処(逮捕)する方針なので、軽く考えていると逮捕されて人性を台無しにしますよ、とのメッセージでした。

あとから男子学生に聞くと、法的機関である警察の見解には少し違和感があるという意見が多かったようです。 そこが落とし穴で、現実問題として逮捕されてしまっては元も子もないので、「注意する様に!」と言うしかないですね。


最後は本日(12/13)、本学の留学生対象に「日本事情Ⅱ」という授業を行いました。 受講生は全員中国人です。 この授業は楽しいです。 講義内容は何でも良くて、教員と学生がお話しをするきっかけになればいいのです。 不自由な日本語を操って、いろいろな事をストレートに表現してくれるので、とても面白く勉強になります。 

日本人の学生さんは、皆さん気を遣ってくれますので、お互いに言いたいことを言える様になるまで少々時間がかかります。




 
2012/12/13 19:18 教育研究 TB(0) CM(0)
aIMG_2804.jpg


現在、東京ビッグサイトで『日本最大級の環境展示会 第14回 エコプロダクト2012』が開催されています。 

行ってみたいのですが、ちょっと無理ですね。 お近くの方は、ぜひ様子を教えて下さい。






2012/12/12 19:25 アグリ環境 TB(0) CM(0)
毎日本当に寒いです。 

12月始めってこんなに寒かったっけ?、と思いながら毎日過ごしています(ひょっとして心理状態が影響しているかも)。

特に晴れた日の夕方は、放射冷却で刻一刻と気温が下がっていくのを感じます。


abPC100215.jpg


上の写真は、33号館グリーンサイエンス研究センターと17号館生物工学科の間の通路から南の空を写したものです。 一番左が生物工学科の17号館の建物、そのすぐ右が18号館(雲がかかっています)。 

右端に少しグリーンサイエンス研究センター33号館が写っています。 わかりませんよね。



 
2012/12/11 20:02 自然 TB(0) CM(0)
グリーンサイエンス研究センターは、生命工学部では生物工学科と生命栄養科学科との結びつきが強く(戦略的研究プロジェクトではそれぞれテーマ3とテーマ1を担当)、これまで海洋生物科学科とは繋がりが弱いと思われてきました。

それが、今朝大学に来てみると、33号館(グリーンサイエンス研究センター)と16号館(海洋生物科学科)の屋上が太いパイプで結ばれています。 これは一体何でしょう? 事務室に聞いてみましたがわかりません。

aPC100213.jpg


可能性としては3つ(他にも多数考えられますが、切りがいいので3つ)。

 1.海洋からセンターに海水を供給するパイプ
 2.電源ケーブルを収納するパイプ
 3.ネットワークケーブルを収納するパイプ

1はないでしょう。 センターは海水を必要としていません。 海水で装置類がさびたら大変です。
となると、2か3でしょうか。 現在工学部新棟建設のため、学内の電源やネットワークケーブルを改修しているそうです。

”センターの綱渡りだろ!”などと言われない様、真相究明に努めます。
まさか、ヤシマ作戦?

aPC100211.jpg


情報1: 秦野学部長によると、このパイプは16号館(海洋)を通り過ぎて、下の電源キュービクルにつながっているそうなので、どうやら高圧電源ケーブルのようです。


2012/12/10 10:48 出来事 TB(0) CM(0)
寒いですねぇ。 ホント寒い。 晩秋から厳冬に一気に突入した気分です。 

むかしはこの季節が好きでした。

空っ風に飛ばされた落ち葉が舞う中を、自転車で走るのが爽快でした。
車の轍にできた水たまりに写る鉛色の冬空をみるのも好きでした。


aIMG_3455.jpg


今では・・・

椅子に座ってブナ林を眺めるのもいいですね。 空調の効いた部屋で。


PS ちなみに、写真の様な部屋はグリーンサイエンス研究センターにはありません。 
センターの窓からは、行き交う学生さんが見えます。




 
2012/12/07 18:35 自然 TB(0) CM(0)
平成24年12月1日の土曜日、岡山県倉敷市のノートルダム清心女子高校で開催されました『第8回 生命科学公開講演会並びに教育方法研究会』に参加してきました。

この会は、岡山県高等学校教育研究会 理科部会 生物分科会が主催する催しです。 要するに、岡山県の高校の理科の先生(のうちの、生物の先生)がお集まりになり、教育方法とか授業展開などについて討論する会で、毎年年末に開かれています。

この会には、どういうわけか毎年福山大学生命工学部の先生を呼んでいただき、毎年2本程度の講演をさせていただいています。 これまでの経緯はよくわかりませんが、秦野生命工学部長のご尽力が大きいと思います。

aaPC010200.jpg


さて、今年は海洋生物科学科の山岸幸正先生と、生物工学科の太田雅也先生が講演されました。

aaPC010195.jpg

講演中の山岸先生。 演題は、「海藻類の分類と生態について」 瀬戸内における海藻の調査と、海藻を研究する(楽しむ)テクニックなどについてお話しされました。


aaPC010204.jpg

こちらは太田先生のご講演。 演題は「組換え型糖タンパク質の特性・品質評価における糖鎖不均一性解析」 バイオ医薬品など、組換え型糖タンパク質の糖鎖解析と、糖鎖による機能性の変化などについてお話しされました。


それ以外に、岩本が”バイオ・コンテスト”に関する簡単な紹介を行いました。


その後、高校の先生による生物の授業に関するご発表があり、最後の座談会では「授業展開」や「実験」などについて、熱のこもった討議が行われます。

いつもこの会に来て思うのは、高校の先生の熱意、情熱、そして大変さです。 正直、オブザーバーとして参加していて、圧倒されます。 

それにつけても、他県の私立大学の先生を受け入れて下さる本生物分科会の懐の深さには感心しきりです。


aaPC010206.jpg


2012/12/02 14:26 教育研究 TB(0) CM(0)
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。