FC2ブログ
グリーンサイエンス研究センターは福山大学にある教育・研究拠点で、“生物の多様性や生物が持つ多彩な機能を利用して、環境と健康の質の向上をめざす科学”をコンセプトにしています。
プロフィール

FUGSC

Author:FUGSC
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
21st, March, 2013号のNatureに掲載された“進化:イヌがヒトとの生活を選んだとき(Nature 495, 7441)”は面白い記事でした。

内容を簡単に紹介します。 オオカミとイヌの全ゲノム配列を比較し、オオカミが家畜化されてイヌに進化する過程で変化した遺伝子を36個突き止めた所、その過半数は脳に関係しており、そのうちの10個の遺伝子はデンプンの消化と脂質の代謝に重要なものであったというものです。

つまり、肉食のオオカミはデンプンをうまく消化できないが、家畜化されてヒトと生活するようになったイヌは、デンプンをうまく消化できる様に遺伝子を変化させたということだと思います。 ヒトと生活すると、イヌもデンプン分の多い残飯を食べます。 この様な新しい生活スタイル(生態)に適合するようになったのがイヌというわけです。

言うまでもなく食は生物の根本ですので、食に関わる遺伝子が進化の過程でどう変化するか。 この分野では、ここ数年とても面白い事実が明らかになっています。 例えば、パンダは竹や笹しか食べる物が無い時代があったので、肉の旨味を感じる味覚受容体遺伝子がなくなり草食系になったとか、ネコは甘味受容体が無く甘い物が分からないなど。 

ゲノム研究が教えてくれるのは、遺伝子はその能力を使わないとどんどん失われていくということです。 逆に新しい環境に適応するときに、どうやって新しい遺伝子を手に入れるのか? 近くにイヌに聞いてみたいところです。

aaIMG_4650.jpg



PS 生命工学部生物工学科の佐藤淳先生は、進化における味覚遺伝子の変化について研究されています。 この研究は、グリーンサイエンス研究センターで行われている「環境健康科学」研究プロジェクト(文部科学省採択)の一貫です。 以上、宣伝でした。





スポンサーサイト
2013/03/30 14:13 サイエンス TB(0) CM(0)
グリーンサイエンス研究センターなので、誠に手前味噌なのですが、最近進行中の福山大学のグリーン化についてご紹介します。

aaP3230380.jpg

まずこちらは、生命工学部と15号館(図書館・本部ほか)を結ぶ『桜のこみち』です。 桜の木の間を通るのでこの名前が付いたのですが、カラーは緑です。 看板のベースカラーはいいとして、桜の”ツ”の花びらの部分がピンクだったらアクセントになって良かったなと思います。


aaP3230381.jpg

『桜のこみち』は屋根が緑です。 ここがピンクだと大変な事になっていたでしょう。 個人的には、屋根はなくてもよかったかと... 桜を見上げられるので。


aaP3230383.jpg

上から見るとこんな感じです。 この緑の道を降りていくと、グリーンサイエンス研究センターに至ります。 よくできていると思いませんか?


aaP3230385.jpg

次は新しくお目見えした福山大学・福山平成大学のバスです。 これまで大学には長距離移動ができるバスが無かったので、スポーツクラブの遠征や全国大会の応援の時にはバスをチャーターしていました。 これからはこのバスが活躍することでしょう。


aaP3230386.jpg

運転席周辺はこんな感じです。 「特2」と書いてあるとおり、「特1」から「特3」までの3台あります。


aaP3230388.jpg

横から見るとこんな感じです。 福山大学の新しいスクールカラーである(黄)緑をベースにして、福山大学と福山平成大学の新しいロゴマークをあしらった若々しいデザインです。 福山大学のスクールカラーは、本来紫紺という紫がかった紺色だそうで、これまで何となくブルー系のイメージがありました。 それが現在は(黄)緑色をスクールカラーにしています。 つまり福山大学のグリーン化です。


aaP3230390.jpg

最後に、バス乗り場に新しく建設された待合所をご紹介します。 これまではバス乗り場が吹きさらしだったので、冬はバスを待つ間凍える寒さでした。 それがこの待合所で緩和されるのだと思います。 この待合所の上部は、なぜか緑色にペイントされています。


aaP3230391.jpg

表に回ってみると、『緑のこかげ』と書いてあります。 どこかで聞いた様な・・・ そうだ、『緑のこみち』だ! 『緑のこ』まで共通ですので、同じ人がネーミングしたのでしょう。 

次につけるとしたら... 緑のこずえ、緑のこのは、緑のことり、緑のこいぬ、緑のこねこ、緑のこぶた、緑のこども
この様にして、福山大学のグリーン化が着々と進行しているのです、と私には感じられます。


 




2013/03/23 15:40 おしらせ TB(0) CM(0)
海外出張が多い卒業生のH君。

中国での大気汚染、特に微小粒子状物質(PM2.5)報道が出てからは、中国出張をひたすら嫌がっていました。 そのH君、たまたま以下の新聞記事を読みました。

「たばこ PM2.5の塊 禁煙のない居酒屋、北京並み 脳卒中やがんリスク高まる」
(日本経済新聞 2013年3月10日付)

この記事によると、「タバコの煙にはPM2.5が多量に含まれ、特に副流煙に多い。 禁煙していない居酒屋だと、北京の最悪事のPM2.5濃度と変わらない。 しかも、大気中のPM2.5よりもタバコの煙の方が有害物質を多く含み、より健康に悪い。」そうです。

この記事を読んだH君、「なんだ、中国のPM2.5ってタバコの煙ほども毒性がないんだな、それなら恐れるに足りず!」と言って安心して中国に旅発ちました。

喫煙者のこの心理がわかりません。 かすんでビルの上の方も見えないほどのPM2.5より、タバコの方が健康に悪いと聞けば、普通の人は「やっぱりタバコって健康に悪いんだ!」と思いそうなところ、ヘビースモーカーのH君は逆に「恐るるに足りぬ!」と安心してしまう。 不思議です。 そういえば昔インフルエンザやSARSがはやったとき、「オレは毎日タバコで肺を、酒で内臓を殺菌しているので感染しない。」という人もいました。 

それはさておき、この記事によると・・・

郊外の屋外平均は20
 (完全禁煙のコーヒー店はこのレベル)
日本の環境基準値は35
 (完全分煙の飲食店の禁煙席はこのレベル)
環境省が定めた外出禁止の目安は70
米環境保護局の資料で危険レベルは66-150 (自由に喫煙できるパチンコ店は150?)
米環境保護局の資料で大いに危険レベルは151-250 
米環境保護局の資料で緊急事態レベルは251以上 
 (完全に分煙できていない居酒屋の禁煙席は320?)
 (ひどいときの北京は400以上)
 (自由に喫煙できる居酒屋は550?)
 (タクシーの車内で1人が喫煙したときは1000!)

中国では、投資などの経済活動に対するリスクとして環境リスクが注目されています。
日本でも今後PM2.5規制が強化されると、車などの各種排出ガスや清浄な生活環境の確保(喫煙規制)などが影響を受けるかもしれません。




2013/03/20 16:49 健康ヘルス TB(0) CM(0)
大学入試もほぼ終了。 

今やどこも学生集めが大きな課題で、学校業界は広告業界の上得意先です。 それぞれの学校は宣伝広告に注力し、広告業界は工夫をこらした企画を提案します。 さて、下の写真はJR宮崎駅のホームで見た南九州大学の看板です。 


a0DSC_0750.jpg


字ばっかりで、「先生ゴメンね。 先生ありがとう。」が大学名よりも目立ちます。 そのあと見えてくるのは管理栄養学科などの学科名と、宮崎キャンパスなどのキャンパス名です。 その間に、小さな文字で一体何が書かれているのか! 読んでみると、ちょっと仰天しました。 「先生ゴメンね。」のあらすじは次の通り。

女子高に進学したワタシ(鈴木さん)は、入学時から姉が通う南九州大学にあこがれて、卒業後はこの大学に進学すると決めていました。 でも鈴木さんは語学が得意なので、担任の先生は、語学が学べる大学への進学を薦めます。 鈴木さんは自分の気持ちとは裏腹に、三者面談の時に「語学が学べるA大学かB大学を希望しています。」と、先生に嘘をついてしまいます。

進路について先生に言い出せないまま3年生になり、語学の成績はいつもトップ。推薦入試の出願時期になり、鈴木さんは意を決して先生に自分の気持ちを正直に伝えました。 それを聞いて、がっくりうなだれる先生(注:この部分、秀逸です)。

宮崎に生まれて宮崎で育ったワタシは、宮崎の大学に行くって決めていた。 将来は「宮崎の食材を使った食品研究」や「食を通じて宮崎に住む人たちの健康を考えられる仕事」につくため、南九州大学の管理栄養学科か食品開発科学科に願書を出すつもり(注:先生は、福岡の大学を薦めていたのでしょうか・・・)。

先生をだましたみたいで悪かったけど、先生は「わかったわ。そこまで言うなら応援しよう! けど最後まで諦めないで。それから語学のセンスはすばらしいので、大学でも続けて。これからは食・健康のスペシャリストも世界を相手に進出する時代になるわよ。」

それを聞いたら、沈黙が突然涙に変わったワタシ。 あれから半年。 今はこうして南九州大学の学生になりました。 先生ありがとう。 そしてゴメンなさい。

という内容です。 スゴイですねぇ。

これは、学生さんのストーリー(物語)性をアピールした広告です。 学生さん1人1人にストーリー(物語)があり、そういった学生さんが集まって南九州大学が成り立っている。 そういう広告だと思います。

それにしても、よくこういう企画が大学で通ったなと思います。 福山大学ではまず無理でしょう。 

「字ばっかりで、誰も読まないだろ!」とか「これじゃあ、うちの大学のレベルが低いと言ってるみたいじゃないか!」。 

門前払い、箸にも棒にもかからなかったのではないかと思います。 南九州大学でも内部では色々意見が出たと思いますが、おそらく誰かが相当頑張ったのだろうと思います。 その成果は出たのか? よくわかりませんが、とても印象深い広告でした。

PS 看板のシチュエーションがいいですね。 駅のホームで列車を待つ間、暇なので活字があればつい読んでしまいます。 なかなか考えています。

本文が読みたい方のために、こちらに大きな写真を載せました。 右隣の「先生ありがとう」の方もまあまあ面白いですよ。 こちらは男の子バージョンです。

※端っこが切れて読めないときには、画面の大きなパソコンで見るか、画像をダウンロードして見てください。 


aaDSC_0750.jpg








2013/03/12 18:59 その他 TB(0) CM(0)
昨日、福山大学企業懇談会に参加しました。 

企業懇談会とは、卒業生の雇用でお世話になっている企業、団体の方と懇談するという会です。 今回は、特別に田中秀正福山大学客員教授の講演が行われましたので、その内容を少しご紹介します。

前半は福山大学のお話でした。 田中先生は福山大学の他に北海道大学、学習院大学でも教鞭を執っておられますが、テレビやマスコミに出る時にはいつも所属を福山大学とされているそうです。 北海道大学や学習院の方が世間受けはいいでしょうに、田中先生のこだわりでしょうか。

次は学生さんの話でした。 上記3大学で同じ設問でレポートを書かせると、福山大学の学生が飛び抜けてユニークだそうです。 北大や学習院の学生は、どこかの社説で読んだであろう内容を書くのに対し、「福山大学の学生は新聞の社説なんか読まない!」ので、考え方がユニークだそうです。 「大学生は、他人の意見の受け売りをする様ではダメで、自分の頭で考えないといけない。その点では良い。」との事。 うーん、褒められた様な、皮肉を言われた様な・・・


後半は安倍晋三総理のお話でした。 安倍晋三氏に最初に会ったのは、お父様の安倍晋太郎氏の秘書をしている時だそうで、その時は「常識人」だと思われたそうです。 要するに、“強い印象がなかった”ということでしょうか。 その後小泉内閣を継いで総理になった時には、自分に人気があると勘違いし、周囲をお友達で固める甘ちゃん的政権運営をしたために失敗した、という見立てでした(病気の影響もあったと思います)。

その後、安倍晋三氏は自民党の中で一兵卒までなり下ったが、そこから自分を見つめなおして反省し、再び総理に返り咲いた。 総理になってからの安倍晋三氏は見違えるように変わり、謙虚になったと感じられたそうです。 

政権与党である現在の自民党は、田中秀征さんが自民党を出た時と違ってとてもまとまりがよく、夏の衆議院選挙を控え、消費税増税の可否を判断する4~6月の経済指標を良くするために、公共事業も全部前倒しで進めるだろう。 しかしこの先日本が5年、10年、百年と繁栄するためには、この3,4年が勝負だ、この期間をぼけ~っと過ごすともう挽回は不可能だ、この改革を安倍総理のもとで行う以外に道はない、というお話でした。

もう少し安倍自民党の批判をするかとおもいきや、かなり前向きな内容で驚きましたが、それは田中先生が「意識してヨイショしているのだ」ということもおっしゃっていました。 危機的な状況下で、みんな力を合わせて頑張りましょうというメッセージだったと思います。

この他に、「理系人材は国の宝だ。 理系人材を育てるために、子供が小さいうちからいろいろな支援しないといけない」、「日本が世界に勝っていけるのは環境と医療・健康分野で、これを基軸に日本の経済成長を考えるべきだ」のようなこともおっしゃいました。

手前味噌ですが、グリーンサイエンス研究センターのポリシーは、環境と健康分野の発展と人材育成なので、田中先生のお考えにピッタリ! と、ホント手前味噌。


aaP3070358.jpg


PS 第1期安倍内閣の時、地元山口で売り出されたストラップをお土産にもらいました。 安倍政権が倒れたあと捨て忘れたのですが、まさか2回目があるとは思いませんでした。





2013/03/07 13:32 出来事 TB(0) CM(0)
本日(平成25年3月5日[火])午前10時より、グリーンサイエンス研究センター1階生体成分解析室2において、最近導入された円二色性分散計(Circular Dichroism、日本分光[JASCO] J-820型)の使用説明会が開催されました。 参加者は、薬学部、生命工学部から約10名でした。


aaP3050351.jpg

午前中の日本分光さんによる装置・使用説明後、午後からは実査に持ち込まれたサンプルを使った測定演習(OET、On the Experiments Training)を行うという形式でした。


aaP3050350.jpg


上の写真は、日本分光さんが注意事項を説明されている所です。 資料室の蓋が重たく、うっかりするとバタッと閉めて手や指を詰めたり、蓋の開閉を感知するスイッチを壊しますよ! とのこと。 「ダンパーを付けたりしないんですか?」との質問に対しては、コストがちょっと高くなるのと、蓋を外して実験する時に不便、との回答でした。 このあたり、一般人が使う装置とは設計思想が違うのだと思いました。 


aaP3050355.jpg


上の写真は、薬学部の石津先生、堤先生および学生さんが、持ち込んだサンプルを使って実際に実験を行っている所です。 装置自体はとても簡単に使えますので、測定条件さえ固まればすぐにデータが測定できます。 

現状では使用記録簿やデータ格納フォルダーの整備、使用の手引きなどユーザー支援体制ができておりませんが、お使いになりたい方はセンター長までご連絡下さい。 消耗品はほぼキセノンランプと窒素ガスだけなので、かなり安価にお使いいただけると思います。 現有のセルなどについてはご相談下さい。







 
2013/03/05 16:21 教育研究 TB(0) CM(0)
本日(平成25年3月4日)午後1時半から28号館栄養教育実習室(28101)において、「里内清教授退職記念 グリーンサイエンス講演会2013」が開催されました。 ポスターはこちらです(pdfファイル)。


aaIMG_4483.jpg

上の写真は、会場入り口の様子です。 今回の講演会は、生物工学科の藤田泰太郞先生が世話人で、藤田先生とセンターの仁井さんが講演要旨集を作られました。



aaIMG_4488.jpg

最初に、世話人かつ戦略的研究プロジェクト研究代表者の藤田泰太郞先生がご挨拶をされました。 柱時計から、講演が定刻に始まったことがわかります。 時計の下にいらっしゃるのが里内先生です。



aaIMG_4489.jpg

トップバッターは、平成24年度グリーンサイエンス研究センターに特別研究員(ポスドク)として勤務された柳本敏彰氏による研究発表です。 染色体のセントロメア切り出しを応用した、遺伝子組換え生物拡散防止システムの開発に関するご研究でした。 座長は、指導教官の松崎先生です(生物工学科)。



aaIMG_4495.jpg

次に特別講演1として、生物工学科の佐藤淳先生が、哺乳類の多様性と食に対する環境適応に関するご研究を紹介されました。 先生がこれまでやってこられた膨大なご研究を、極めて早口で内容盛りだくさんでご紹介いただきました。 初めてお聞きになった方は内容を消化するのが大変だったかもしれませんが、美しいスライドと極めて明晰な口上のおかげで、終了後ひっきりなしに質問が出るほどの盛況でした。 

座長の岩本が時間を無視して質問を受けつけたので、20分以上時間を超過してひんしゅくを買ったかもしれません。 しかし、サイエンスをするのはディスカッションするため!というと大げさですが、時間に余裕ががあるときに、面白いディスカッションを打ち切ってまで時間を守るというのもどうかなと思います、などと言うと、またひんしゅくを買いそうです。


次に、生命栄養科学科の村上泰子先生が、特別講演2として慢性肝疾患における抗酸化ビタミンと多価不飽和脂肪酸の栄養療法について、これまでのご研究を紹介されました。 こちらも盛りだくさんな内容で、時間オーバーだったかも? そうそう、うっかりしていて、村上先生の写真を撮るのを失念しました。


aaIMG_4498.jpg

最後に、里内先生が「未来を托して」という題でご挨拶をされました。 閉会の挨拶とお聞きしていたので、ストレートに心情を吐露する内容かとの予想とは全く違い、村上先生がご紹介された肝疾患研究の最近の研究の話題と、今後の研究のプランについてのお話でした。 うーん、最後に直球ではなく、クセ球を持ってくる所が里内先生の面目躍如だったのかもしれません。 ちょっと虚を突かれました。


aaIMG_4500.jpg

ということで、今回のグリーンサイエンス講演会2013はおかげさまで多くの方にご参加いただき、盛会にて終えることができました(来聴者は、栄養教育実習室がほぼ一杯になる40数名でした)。 これもひとえに世話人を務められた藤田先生他のおかげです。

今後ともグリーンサイエンス研究センターをよろしくお願いします。 
平成25年度も新たなメンバーを得て頑張ります。 


aaIMG_4497.jpg





2013/03/04 17:37 イベント TB(0) CM(0)
こちらではめっきり春めいてきたのに対して、北海道では記録的な猛吹雪で8名もの方がお亡くなりになったとニュースで見ました。 本当にお気の毒です。 瀬戸内に住んでいると、吹雪で命を落とすといわれても実感が湧きません。

ところが昨日、帯広畜産大学の小田有二先生から、猛吹雪に被災されたとのメールが届きました。 小田先生が網走に出張した際、会議の途中で外を見ると、これまでに見たことが無い様な猛吹雪で、5m先も見えないほどの視界と、大人の男性でも、何かにつかまっていても吹き飛ばされそうな強風だったそうです。

映画で見る”南極のブリザード”とはこのことかと思われたとのことです。 その会議に出席された方々は結局大学から出られず、大学で一晩過ごされたとのこと。

極寒の気候になれた方でもこうですから、私にはとても住めない環境だと思います。 皆様、どうぞお気を付け下さい。

PS 小田先生は、以前にもこのブログに登場していただきました(こちら)。 もともと福山大学工学部(現在の生命工学部)にお勤めのあと北海道に移動され、この1月からは帯広畜産大学の理事に就任されました。 帯広畜産大学役員の経歴を見ると、ちゃんと福山大学工学部講師・助教授と書いてあります(こちら、pdfファイル。 ちょっと誇らしいですね。


aaIMG_7886.jpg








2013/03/04 17:01 自然 TB(0) CM(0)
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。