FC2ブログ
グリーンサイエンス研究センターは福山大学にある教育・研究拠点で、“生物の多様性や生物が持つ多彩な機能を利用して、環境と健康の質の向上をめざす科学”をコンセプトにしています。
プロフィール

FUGSC

Author:FUGSC
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
家庭菜園で作ったゴーヤをいただきました。
「そろそろ食べようかな」と思っていたら、急に黄色くなりました。 グラデーションがきれいです。

aIMG_5742.jpg


それにしても、ゴーヤの表面はどうしてこんなにゴツゴチなんでしょう? 
調べてみると、このゴツゴツの理由(合理性)や、ゴツゴツができる仕組みとかが分かるのかもしれません。
が、現状では分からない。

aIMG_5745.jpg


上の写真の次の日には、こうなってしまいました。 アッという間の出来事です。
爪楊枝でつっかえ棒をしています。 まるで怪物の口です。

aaP8300489.jpg



まとめると...

緑から黄色になり、最後は赤(いタネ)
緑 → 黄 → 赤 と、まるで信号です。





スポンサーサイト
2013/08/30 15:15 アグリ環境 TB(0) CM(0)
岡山出身の学生さんが、お土産にとブドウを持ってきてくれました。
シャイン・マスカットという品種だそうです。

aaIMG_5737.jpg


ブドウを見ていると、何となくタンパク質の立体構造に見えて来ます。

aaIMG_5738.jpg      S0022283.jpg


おそらく、房の中央右よりの上部、影になっている所あたりが活性中心でしょうね。
それはともかく。

シャイン・マスカットの親は桃太郎という品種のブドウだそうです。 この品種の特徴は、粒が真円(球)ではなく、桃のような、トマトのような形をしていることだそうです。 ほらね。

aaIMG_5740.jpg


耳が悪いのか、シャイン・マスカットと言われると、"shine muscat"ではなく、「社員マスカット」に聞こえてしまいます。 一度そう聞こえると最後、もう社員にしか聞こえません。

PS 一番下の写真、電子顕微鏡写真のように見えます。

PS2 一番上の写真は、いっぱいに伸ばした左手にブドウの房を持ち、右手には結構重い一眼レフカメラを持って撮ったものです。 とても窮屈な姿勢で、力もかなり必要で、しかも息を溜めて撮っているにしては、できあがった写真からそんな気配は伝わってこず、とても静謐な表情を漂わせているのがちょっと不思議です。 そういうことって、気づかないだけでよくあることなんだなと思います。





2013/08/29 18:19 アグリ環境 TB(0) CM(0)
「最強の宿根草」と書いてあったので買ってみたのですが...
見事、枯らしてしまいました。

私は、植物がどんどん増えすぎて困ることはあれど、枯らすことは極めてまれです。
何が悪かったのでしょう???

同じように育てていたまわりの植物は、みんな元気です。
そういえば、「何が最強なのか?」については、何も書かれてなかったですねぇ。


aaP8290487.jpg
2013/08/29 13:33 自然 TB(0) CM(0)
久しぶりの更新です。

毎日大変な暑さです。 この地域の水瓶である八田原ダムにはまだ水があるようですが、これで渇水にでもなったらもう大変です。 全国の水不足の地方の皆様は、さぞ大変だと思います。 逆に多雨で被害に遭われている方も大変だと思います。 地元に帰っている学生さんの中には(香川とか)、水不足に直面されている方も多いと思います。

さて、先日建物の窓から撮影した夕焼けの写真を生命工学部同窓会ブログに載せた所好評だったので、二番煎じになりますがこちらにも掲載したいと思います。 写真を見ても、どういう雲の構造になっているのか、どういう気流の流れでこの様な雲ができるのか、よく理解できません。


aaIMG_5715.jpg


こちらは、カメラの向きを約90度傾けて撮影した、機械工学科方向の空です(北方向)。 こちらの雲もずいぶんダイナミックな形をしています。 上昇気流と言うことは分かりますが、普通の入道雲とは形が違います(夕方だし)。

aaIMG_5723.jpg


この夕焼けのおかげで、辺り一面の景色がオレンジ色に染まりました。 
ホント、雲はいくら見ても見飽きません。




2013/08/23 19:46 自然 TB(0) CM(0)
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。