FC2ブログ
グリーンサイエンス研究センターは福山大学にある教育・研究拠点で、“生物の多様性や生物が持つ多彩な機能を利用して、環境と健康の質の向上をめざす科学”をコンセプトにしています。
プロフィール

FUGSC

Author:FUGSC
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
平成25年12月25日のクリスマスの午後、産総研中国センター、地質情報研究部門沿岸海洋研究グループリーダー、高橋暁先生による第28回グリーンサイエンスセミナー『瀬戸内の環境評価への取り組み』が開催されました。

aaMG_6356.jpg
産総研中国センター 高橋 暁 先生

aaIMG_6352.jpg
世話人は、海洋生物科学科長の満谷淳先生です。

aaIMG_6354.jpg
産総研中国センター連携主幹 三島先生


今回のセミナーは、産総研中国センターの沿岸部門と本学の海洋生物科学科との研究交流を目指したもので、最初に産総研中国センターの連携主幹である三島先生が、産総研の概略をご説明になりました。 産総研は予算額約一千億円、メンバー数約一万人という巨大組織で、中国センターはその約1%を占めているとのことでした。

aaIMG_6360.jpg


続いて高橋先生のセミナーでは、まず産総研地質情報部門が取り組む課題を総括し、次に中国センターが行っている研究について紹介されました。 例えば瀬戸内の藻場と魚の生息数の話など。 中心になったのは、備讃瀬戸の栄養塩の分布・季節変動、潮流のシミュレーションと赤潮、海苔の色落ち、魚の養殖などの関連について等。 専門でない私にも興味深い内容でしたので、海洋生物の先生にとってはとても面白かったのではないかと思います。 高橋先生は大阪出身で話し好き、サービス精神満載ということで、2時間の時間枠いっぱい使っての研究紹介でした。

aaIMG_6365.jpg


3部構成の最後に、海洋生物科学科の北口先生が、海洋生物科学科で進行中の各種研究について、かいつまんでとても分かりやすくご説明になりました。 これを聞いておられた連携主幹の三島先生、「接点がものすごくある。個人的にもとても興味深い内容です。」との事でした。 これを機に、色々なプロジェクトが始まるとよいのですが・・・

aaPC251112.jpg


セミナーのあとは、会場を福山市内の中華料理店に移して、引き続きインフォーマルなディスカッション?を行いました。 こちらでも高橋先生は舌好調で、大阪弁で楽しい話を連発されていました。 学生時代の話が多かったでしょうか?

ということで、2013年のクリスマスは過ぎていきました。
メリークリスマス!

ちなみにこの日は、海洋生物科学科渡辺先生の誕生日!










スポンサーサイト
2013/12/26 20:22 イベント TB(0) CM(0)
第4回グリーンサイエンス研究センター公開講演会2013「微生物機能の開発 -環境バイオ研究の最前線-」が、12月21日土曜日の午後開催されました。

その様子は、生物工学科HPに掲載されていますので、こちらをご覧下さい。

下の写真は、懇親会の様子です。 講演会よりもずっと盛り上がりました。 微生物機能の威力です。


aaIMG_3582.jpg





2013/12/24 21:32 イベント TB(0) CM(0)
不謹慎なタイトルで恐縮です。
内容は真面目なものです。

まずは、佐藤先生が書かれた生物工学科のFacebook Pageの記事をご覧下さい。

先日の朝、18号館玄関に見慣れない物が散らばっているのを見つけました。 
真っ黒で、涙の形?をした見慣れないものです。 
しゃがんでよく見ると、ドッグフードのような、何かの糞のような・・・

突っついてみると、軽く弾力性があって、しっかりとした手応え。 
鼻を近づけてみても、ほとんど匂いはありません。
ということは、

これが糞だとすると、ネコやイタチのような肉食獣の糞ではありません。
何だろう? 

思い当たるものがありませんので、哺乳類学会所属の生物工学科・佐藤先生に見ていただきました。 
「詳しくは分からないけど、ヌートリアの糞に似ている。海洋の渡辺先生に聞いてみましょう。」

ということで、全学教授会の時に渡辺先生に見ていただくことで話がつきました。
佐藤先生、10数個あった糞を全部回収し、そのいくつかを箱に詰めて全学教授会に持参。
会議終了後、会議室で糞の検分が始まりました。

その結果、「ヌートリアの糞でしょう。」

「ヌートリアって大学の玄関まで来ますか?」という質問に対しては、
まず水辺から離れない。
生命工学部の下の方にある池にはヌートリアが生息しているが、急な斜面なので上がってこないだろう。
不思議だな、との事。

それ以来、夜帰る時にヌートリアがいないかどうか、監視しながらの帰宅となりました。

生物工学科にいるテンちゃんは大学のトイレでつかまったものですし、キジやタヌキは普通に見ます。
すぐ近くの枝にフクロウがとまっていたこともあり、
16,17号館間の庭の木には、スズメバチが巣を構えています。

夜の大学には、ほかにも色々な動物が徘徊していると思われます。
福山大学は、夜もすんごいんです!
  

b7d4721b94df5b7f23c1f5730122c110.gif

写真は、”ヌートリアと水鳥のハーモニー 私の散歩みち、ヌートリアや水鳥、野草花、自然の中での出会いを楽しむ。”から転載させていただきました。



2013/12/12 21:06 自然 TB(0) CM(0)
先日、世羅町にて水耕栽培でレタスを生産されている”みずたぶる農園”の安西さんが、研究室に来られました。 なんでも、話を聞かせてほしいとのこと。 言うまでもなく、当方水耕栽培のことなんて何も知りません。

栄養学科の平松先生、木村先生も加わっていただき、共同で付加価値の高い野菜を作って、どんどん活用しましょう!ということで、とりあえず話はまとまりました。 
何もまとまってない・・・ (^^;)

将来的に、福大ブランドの野菜とかできたらいいですね。


atop_r4_c1.jpg


みずたぶる農園のHPによると、みずたぶるとは、mizuとtableみたいです。 で、水耕栽培。 
同農園のロゴマームは、グリーンサイエンス研究センターのロゴマークにそっくり。




2013/12/02 00:13 アグリ環境 TB(0) CM(0)
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。