FC2ブログ
グリーンサイエンス研究センターは福山大学にある教育・研究拠点で、“生物の多様性や生物が持つ多彩な機能を利用して、環境と健康の質の向上をめざす科学”をコンセプトにしています。
プロフィール

FUGSC

Author:FUGSC
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
日経ビジネスの、”「おまえ何回言えば分かるんだ」「500回」”という記事(読めればこちら)は面白かったですね。 学習塾の先生のお話です。 内容をかいつまんで書きます。

・子どもや部下は褒めて伸ばす。
・叱りつけてばかりいると苦手意識を持ち、ポカをする。
・疑うと能力は下がる。
・リラックスした状態でなければ、本当の力は発揮できない。
・長々と説教をすることはまったく意味がない。5分以内で済ませる。
・何度言ったら分かるのか。答えは500回。
・「何回言ったら分かるんだ」という言葉は3回か4回言ったあたりで出てくるが、それでできるはずがない。

褒めて伸ばすか、叱って伸ばすか。 それぞれ流儀があると思います。
面白いのは、「何回言ったらわかるんだ!」、「500回でーす。」です。 
英語の文法など、間違えずに完璧に答えられる様になるには、大体500回かかるのだそうです。

この500回という数字、何とも微妙です。 
"1000!”と言われると、数えられないぐらいたくさん、という抽象的な意味を持ちますが、500回と言われると、何とも実感として捉えにくいビミョーな数字です。

これは、「500回言い続けなさい」という事ではなく、5回程度言っただけで「何回言ったらわかるんだ!」と怒らないこと。 これが肝心なようです。 が、なかなかできそうにありません。 500回言われたらできるようになるかも。


スポンサーサイト
2014/01/30 16:36 教育研究 TB(0) CM(0)
グリコのビスコは1933年に生まれ、昨年80周年を迎えたそうです。 そこで発売されたのがこの『80周年スペシャルビスコ』

金色の缶の蓋を開けると、中には金塊のように金のビスコが鎮座しています。 豊臣秀吉的というか、誠に大阪的な派手さで結構。 お上品に飾らない所が江崎グリコです。

ちなみにこのグリコ、名前の謂われはもちろんグリコーゲン。 有名な話です。 グリコーゲンとは、ブドウ糖(グルコース)がα-1,4またはα-1,6結合でつながった毬藻状の高分子化合物で、動物の筋肉や肝臓などに蓄えられ、エネルギー源になります。 それにあやかって、キャラメルがグリコと命名されました。 ちなみにグリコ・キャラメルにはグリコーゲンが入っているのでしょうか? 多分入っていないと思うのですが・・・

一方のビスコ。 名前の謂われは「ビスケット」と「酵母」だそうです(Wikipedia)。 ビスケットはともかく、酵母も健康食品として体に良いというイメージがあったので、酵母が採用されたのでしょう。 ちなみにビスコには発酵バターが使用されています。 この発酵は、酵母ではなく乳酸菌が担当しており、ビスコには乳酸菌が多数含まれているとWikipediaには記載されています。 ところでビスコには「酵母」が入っているのでしょうか? 多分入っていないと思うのですが・・・

aaP1281134.jpg
 


2014/01/28 20:24 その他 TB(0) CM(0)
下の記事(新年の抱負と挫折)には、
 1.減量して健康的になる
 4.ヘルシーな食事にして、ダイエットをする
という項目がありました。

メタボリックシンドローム、生活習慣病は色々な原因が絡んで発症する病気で、その原因としては大きく内因性のもの(体が原因となるもの)と外因性のもの(環境因子)に大別されます。 

これら生活習慣病を防ぐには、ヘルシーな食生活を送り、適度な運動が推奨されます。 タバコの害を頑として認めない頑固者も、ヘルシーな食事と適度な運動の必要性はきっと認めるでしょう。 それぐらい当たり前だと思われてます。

ところが、昨年のNature Medicineのアブストラクトを読んでいたら(Nature Medicine 19, 1216–1217 (2013)">Nature Medicine 19, 1216–1217 (2013))こう書いてありました。

Physicians often advise obese individuals suffering from type 2 diabetes to lose weight through exercise and healthy diets. Although it may be an obvious recommendation, a large study has recently shown that weight loss achieved through these lifestyle changes does not significantly reduce cardiovascular disease events in these patients compared to conventional diabetes care. 

医者は2型糖尿病患者に対して、エクササイズとヘルシーな食事で体重を減らすようにアドバイスするが、大規模研究の結果からは、このようなライフスタイルの変化によって体重を落としても、心血管疾患は減らない!、というものです。

本当だとしたらショッキングです。 疫学研究?から得られたデータをどう解釈するか、色々と難しい点があるかと思いますが、感覚的にはヘルシーな食事を摂り、適度な運動をする方がきっと健康な生活を送れる気がしますが。



2014/01/11 14:59 健康ヘルス TB(0) CM(0)
アメリカの週刊誌”Time”が選ぶ「最も挫折しやすい新年の抱負リスト」は次のようなものだそうです(日経トレンディーネットの記事で見ました)。

1.減量して健康的になる
2.禁煙
3.何か新しいことを学ぶ
4.ヘルシーな食事にして、ダイエットをする
5.借金から抜け出し、節約する
6.家族と過ごす時間を増やす
7.新しい場所に旅行をする
8.ストレスを減らす
9.ボランティア活動をする
10.アルコールの量を減らす

あてはまるものはありますでしょうか?
アメリカのケースなので、必ずしも日本人にはフィットしないものもあるかと思いますが、まあいくつかは該当します。

1.健康にはなりたいですが、減量は考えてないですね。
2.もともとたばこは吸いません。
3.色々新しい事を学んでいますが、問題は新たに学んだ事の「倍返し!」でこれまで学んだことを忘れてしまうことです。
4.食事はそこそこヘルシーだと思います。ダイエットも考えてないですね。
5.住宅ローンとか、佳境です。
6.これは最大の課題です。
7.一昨年はブラジル、昨年は国際交流で中国、英国、トルコ、ブルガリアなどに行き、とても良い経験でした。
  できれば今年もどこかに行きたいですね。
8.ストレスはあまり感じない方です。逆に脳天気なのも考え物で、適度なストレスは必要かと思います。
9.アメリカだと、何かボランティア活動をしていないと居心地が悪い。日本ではなかなか。
  退職したらボランティアに励みたいと思います。
10.アルコールはあまり飲まないので。

大学だとどうか?

1.受験生の確保...  ちょっと考えただけで10やそこらはすぐ出てきそうです。

ストレスを減らすために、この辺でやめておきます。



2014/01/09 11:56 その他 TB(0) CM(0)
aaIMG_6392.jpg

新年 あけまして おめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。



2014/01/01 19:49 その他 TB(0) CM(0)
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。