FC2ブログ
グリーンサイエンス研究センターは福山大学にある教育・研究拠点で、“生物の多様性や生物が持つ多彩な機能を利用して、環境と健康の質の向上をめざす科学”をコンセプトにしています。
プロフィール

FUGSC

Author:FUGSC
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
今世界的な懸案事項と言えば、ヘルス関係ではエボラ出血熱でしょう。 西アフリカからアメリカに渡った方から、アメリカ国内で2次感染したことで懸念は広がりました。 エボラもいずればコントロールされていくのだと思いますが、その経緯には引き続き注意が必要です。 さて、この様な感染症の伝搬経路に関する研究が、最新のNatureに掲載されていました(Nature, Nature 514, 7523、進化遺伝学: 南北アメリカ大陸の結核の歴史)。 結核に関するものです。 

現在南北アメリカで見られる結核菌はヨーロッパ人が新大陸に移動したことにより持ち込まれたものですが、それ以前にも結核菌は存在したそうです。 その古い結核菌は、アフリカでアシカ類やアザラシ類が結核菌の宿主から感染し、海を越えてアメリカ大陸まで結核菌を運び、南アメリカの沿岸部に住む人がアシカやアザラシを食べて結核菌がアメリカ大陸に伝搬したと。 その後、この古い結核菌はヨーロッパ人が持ち込んだ新しい結核菌に駆逐されたと、そういうストーリーです。

ゲノム解析からはこの様なストーリーが想像されるのですが、ではもともとアフリカでは結核菌の宿主は何だったのか(魚?)、アシカやアザラシも結核になるのかなど興味があります。 そう言えば、魚にはマイコバクテリウム症という感染症があり、人にうつります。 結核菌(マイコバクテリウム・ツバキュロシス)とは違う菌ですが、近縁種でしょうか? アメリカでは結核の研究をしていたので、興味を持って読みました。 それにしても、アシカやアザラシとは盲点でした。



 
スポンサーサイト



2014/10/31 20:06 サイエンス TB(0) CM(0)
下の記事でアクティブラーニングについて書きましたので、その続きを少し。

アクティブラーニングは、受け身で授業を聞いて陳腐な知識を詰め込むだけでは生きた叡智が身につかない、知識を学ぶだけなら人間はとても機械に太刀打ちできない、なので人間は単に知識を学ぶのではなく学び方を学びましょうという事だと思います。確かにコンピュータが知識をため込み、整理し、分析する能力は人間の比ではありません。 では、学ぶ(学習する)能力は人間が機械に勝っているのかというと、この分野でも人間は機械に太刀打ちできないようです。 

日経の機械学習のサイトによると、機械に学び方を教えてあげると、機械は休まず疲れず飽きずに膨大なスピードで学習を続け、人間の学習能力なんてアッという間に置き去りにしてしまいます。 過去の失敗に学ばない私は言うに及ばず、学習能力でもとても人間に勝ち目はありません。

こうなってくると機械に対する人間の優位性はどこにあるのか? SF映画で見るような未来がすぐそこまで迫っているようで、ちょっと心配になります。



2014/10/31 18:35 サイエンス TB(0) CM(0)

00IMG_8702.jpg

"Trick or Treat"用のチョコレートです。


2014/10/31 14:35 未分類 TB(0) CM(0)
NHKテレビの「スーパープレゼンテーション」という番組が好きで、ほぼ毎週見ています。 これは”TED Talk”を取り上げた番組で、MITメディアラボ所長の伊藤穣一さんが解説をしています。 慶應大学の竹中平蔵教授が、この伊藤穣一さんの話を紹介しています。
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20141029/422088/?ST=business&P=1

内容をかいつまんでいうと、チップを体内に埋め込んで脳の働きを研究している学生がメディアラボにいて、その研究によると、脳は寝ている最中でもある程度活動しているようです。 夢とか見ますから当然でしょう。 一方、大学の講義を聴いている時には、脳が働いていないそうです。 うーん・・・  これは・・・ 実感としてあります。

みなさん下を向いてフリーズしていて(またはスマホをいじっている)、呼びかけても話しかけても反応がないので、脳が機能停止していると指摘されるとうなずけます。 日本だけでなく、アメリカでも(しかもMITでも)そうなんですね。 ビックリです。

これを打破するためにアクティブラーニングがもてはやされていますが、古くさい板書も一つの手段だと思っています。 授業は、聞くよりもやる方がずっと勉強になります。


2014/10/30 15:46 教育研究 TB(0) CM(0)
今年の大学祭は、2日間とも快晴です。

先週、先々週の週末とも台風が来て天気に不安がありましたが、今週末は最高です。 雨も降らず、曇りもせず、風も吹かない、とてもpeacefulな週末です。

写真は、16号館と17号館の間の木。 グリーンがきれいです。

00IMG_0514.jpg
2014/10/19 09:34 出来事 TB(0) CM(0)
三蔵祭の準備を進める工学部2・3・4号館前で。

機械システム工学科(自動車コース?)の展示で、レース仕様のTOYOTA 86が展示されていました(というか、ちょうど到着した所でした)。 

00IMG_8152.jpg




遠くからエンジン音が聞こえたので、何の音だろう?と。 この音でした。 さすがレースカーはオーラが違います。
向こうに写っているのは、学生さんが作った電気自動車です。 「並べて置くな」と言っていましたが、同じ車でも目的が違います。

00IMG_8160.jpg





エンジンは、スバル製の水平対向エンジンのハイチューンです。 エンジンルームまでピカピカです。

00IMG_8162.jpg
 





2014/10/17 18:28 出来事 TB(0) CM(0)
平成26年度(2014)、第40回福山大学学園祭 三蔵祭が始まりました。

このところ恒例のグリーンサイエンス研究センター前ステージでも、ライブが始まりました。

00IMG_8146.jpg



2014/10/17 13:21 イベント TB(0) CM(0)
ちゃんとしたブログ記事を書く時間がありませんので、ツイッターみたいな記事になって申し訳ありません。

最近のNatureに、”微生物学: 人工甘味料の有害な影響”(Nature 514, 7521)という記事がありました。
http://www.natureasia.com/ja-jp/nature/highlights/56804

かいつまんで説明すると、オーバーウェイトや耐糖能異常、2型糖尿病の方は、お砂糖に代わってカロリーの低い人工甘味料の使用が推奨されています。 研究者によると、代表的な人工甘味料であるサッカリン、スクラロースおよびアスパルテームをマウスに摂らせると、直接肥満傾向や耐糖能異常傾向を惹き起こすそうです。 原因としては、人工甘味料が腸内微生物相のバランスに異常を来たし、耐糖能異常などを引き起こすのではないか?  ということでしょうか。


ほかに、”ダイエット飲料で糖尿病リスクが高まる!? 人工甘味料の“謎”を解く”というのもありました。
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20140925/1060444/

詳しくは読んで頂くとして、砂糖(異性化糖)入りの飲料を飲むよりも、人工甘味料入りの飲料を飲む方がメタボリックシンドロームや(2型)糖尿病のリスクが高まるという調査研究を紹介しています。 また、上の論文を引用していてもう少し詳しく解説しています。 人工甘味料は消化されずに腸に達しますが(だから低カロリー)、腸を通過する時に腸内微生物そうに変化が生じ、好ましくない状態になるのではないか? ということでしょうか。 人工甘味料のような新しく登場した化合物は私達の体にまだ馴染みが少ないので、いろいろな影響がでる可能性がある様です。


3つめ。 ”味の素が「ADVANTAME」を初展示、砂糖の2-4万倍甘い次世代アミノ酸系甘味料”
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20141010/179500/

味の素が、砂糖の200倍程度あまいアミノ酸系の甘味料「アスパルテーム」を改良して、砂糖の2~4万倍!も甘い次世代型アミノ酸系人工甘味料を開発したというものです。 2万倍も甘いと摂取量が極小に抑えられますので、良いのではないかと。 ただ甘味の種類や、後味が気になります。 この甘味料、来年あたりから売り始めるとのことです。

PS 結構長い記事になりました。



2014/10/11 17:27 健康ヘルス TB(0) CM(0)
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR