FC2ブログ
グリーンサイエンス研究センターは福山大学にある教育・研究拠点で、“生物の多様性や生物が持つ多彩な機能を利用して、環境と健康の質の向上をめざす科学”をコンセプトにしています。
プロフィール

FUGSC

Author:FUGSC
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
不謹慎なタイトルで恐縮です。
内容は真面目なものです。

まずは、佐藤先生が書かれた生物工学科のFacebook Pageの記事をご覧下さい。

先日の朝、18号館玄関に見慣れない物が散らばっているのを見つけました。 
真っ黒で、涙の形?をした見慣れないものです。 
しゃがんでよく見ると、ドッグフードのような、何かの糞のような・・・

突っついてみると、軽く弾力性があって、しっかりとした手応え。 
鼻を近づけてみても、ほとんど匂いはありません。
ということは、

これが糞だとすると、ネコやイタチのような肉食獣の糞ではありません。
何だろう? 

思い当たるものがありませんので、哺乳類学会所属の生物工学科・佐藤先生に見ていただきました。 
「詳しくは分からないけど、ヌートリアの糞に似ている。海洋の渡辺先生に聞いてみましょう。」

ということで、全学教授会の時に渡辺先生に見ていただくことで話がつきました。
佐藤先生、10数個あった糞を全部回収し、そのいくつかを箱に詰めて全学教授会に持参。
会議終了後、会議室で糞の検分が始まりました。

その結果、「ヌートリアの糞でしょう。」

「ヌートリアって大学の玄関まで来ますか?」という質問に対しては、
まず水辺から離れない。
生命工学部の下の方にある池にはヌートリアが生息しているが、急な斜面なので上がってこないだろう。
不思議だな、との事。

それ以来、夜帰る時にヌートリアがいないかどうか、監視しながらの帰宅となりました。

生物工学科にいるテンちゃんは大学のトイレでつかまったものですし、キジやタヌキは普通に見ます。
すぐ近くの枝にフクロウがとまっていたこともあり、
16,17号館間の庭の木には、スズメバチが巣を構えています。

夜の大学には、ほかにも色々な動物が徘徊していると思われます。
福山大学は、夜もすんごいんです!
  

b7d4721b94df5b7f23c1f5730122c110.gif

写真は、”ヌートリアと水鳥のハーモニー 私の散歩みち、ヌートリアや水鳥、野草花、自然の中での出会いを楽しむ。”から転載させていただきました。



関連記事
2013/12/12 21:06 自然 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://fugsc.blog.fc2.com/tb.php/127-7bf31e1a
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。