FC2ブログ
グリーンサイエンス研究センターは福山大学にある教育・研究拠点で、“生物の多様性や生物が持つ多彩な機能を利用して、環境と健康の質の向上をめざす科学”をコンセプトにしています。
プロフィール

FUGSC

Author:FUGSC
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)

暮れも押し詰まった12月28日月曜の午後、第33回グリーンサイエンスセミナーを28号館28101教室で開催しました。 今回の講師は本学の卒業生で、現在理研横浜でキャッサバの分子育種に関する研究を行っている内海好規博士です。

0000IMG_1227.jpg
写真はタイのキャッサバ畑で、映っているのはこちらも卒業生である内海博士の奥様です。


0000IMG_1224.jpg
内海博士はこちらです。


0000IMG_1239.jpg
セミナーの内容はこんな感じです。


0000IMG_1230.jpg

キャッサバと言っても日本人にはピンと来ないかもしれません。 沖縄などを除くと、日本は寒すぎてキャッサバの生育には適さず、キャッサバの植物体を見ることはまず無いとのこと。 植物としてはジャガイモのようなイモではなく、サツマイモに近いそうです。 ただ見かけはご覧のように木のようで、1年で高さ2 mにまで成長し、根に大根のような芋を多数つけます。


0000IMG_1231.jpg

利用としては、アフリカでは芋を食べるそうですが、一般に美味しくないので芋を食べることは少なく、主に工業用澱粉の供給源として利用されます。 また葉っぱは家畜の飼料になり無駄がない植物です。 食品としてはタピオカの原料や、澱粉として食品に添加されたり、味の素やバイオ燃料、バイオプラスチック、海苔や紙のコーティング剤、フィルムなどの原料になります。


0000IMG_1233.jpg

キャッサバは南アメリカ原産で、最後にアジアに渡ってきたそうですが、生産量としてはアフリカが一番多く(特にナイジェリア)、次がアジア、南アメリカはその次とのことでした。


0000IMG_1232.jpg

理研では、ベトナム農業遺伝研究所(AGI)、タイのマヒドン大学、コロンビアの研究機関と国際共同研究をしています。


0000IMG_1241.jpg
内海博士がベトナムのAGIに滞在して現地の方にキャッサバ研究を指導している様子


0000IMG_1243.jpg

理研では、ベトナム政府とキャッサバの連携研究を進めていて、ベトナムの副首相が理研横浜を訪問されました。


0000IMG_1245.jpg
講演中の内海博士


0000IMG_1249.jpg
質問する秦野教授


0000IMG_1247.jpg
質問に答える内海博士


0000IMG_1252.jpg
講演後、かつての恩師の井ノ内教授と研究室でお茶をする様子


0000IMG_1263.jpg

内海博士は、講演後に研究室にやってきて学生さん(生物工学科の3年生から修士2年生)を相手に1時間半ほど色々なお話しをしてくれ、それがとっても良かったと学生さんが言っていました。 研究のこと、研究者としてのキャリアのこと、国際共同研究の苦労話など。 学生さんには先輩から生に話を聞けてとっても勉強になって言っておりました。

ということで、大学は明日から1月4日まで冬期休暇に入ります。
















関連記事
2015/12/28 20:36 イベント TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://fugsc.blog.fc2.com/tb.php/182-1a936762
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。