FC2ブログ
グリーンサイエンス研究センターは福山大学にある教育・研究拠点で、“生物の多様性や生物が持つ多彩な機能を利用して、環境と健康の質の向上をめざす科学”をコンセプトにしています。
プロフィール

FUGSC

Author:FUGSC
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
本日(平成25年5月10日[金])午後4時から6時まで、17号館生物工学科2階1721教室に於いて第26回 グリーンサイエンスセミナー が開催されました。

 演 題: 微生物が持つ多様な生合成経路
 副 題: 微生物の補酵素ピリドキサールのピリジン環、メナキノン、4-アミノ安息香酸などの生合成経路は極めて多様である
 演 者: 大利 徹 先生(北海道大学大学院工学研究院)
 
ポスターはこちら、 要旨はこちら をご覧下さい。

セミナーには生命工学、薬学部の教員・学生をはじめ、企業の方もご来聴され、全部で30~40名程度の聴衆だったと思います。

ご講演は、先生が富山県立大学で6年をかけて行われた「メナキノンの新しい生合成経路に関する探究(Scienceに掲載)」を中心に、その代謝経路研究の経路!について熱っぽく語られました。 数々の障害を膨大な実験量で克服していかれた様子がよく伝わってきました。

質疑応答もそれなりに活発で、とても面白いセミナーだったと思います。

aaIMG_0495.jpg

左が大利先生、右が世話人の広岡准教授(生物工学科)





関連記事
2013/05/10 18:44 イベント TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://fugsc.blog.fc2.com/tb.php/91-16d5b485
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。